マーケティングとインターネット活用メリット

WEB販促プロモーターの
渡邉です。

今回は基本的なマーケティングの考え方と
インターネット(WEBサイト)の活用の
メリットについてお話します

まずマーケティングとは何を意味するにか
考えてみましょう。

マーケティングとは

マーケティングという言葉はよく耳にしますよね。

書籍やビジネス書も多く出版されていますし、
テレビや新聞などでも取り上げられます。

ただ、それぞれニュアンスが若干違ったり、
業界や発する人によって定義も異なったり
します。

日本マーケティング協会の定義は、

マーケティングとは企業および他の組織が
グローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を
得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造の
ための総合的活動である、
としています。

どうですか?
難しいそうで、具体的なイメージが湧かない
ですよね。

そこで、日本でも有名な経営学者の
ピーター・ドラッカーの著書『マネジメント』
ダイヤモンド社から引用すると、

マーケティングの目的は、

顧客について十分に理解し、顧客に合った
製品やサービスが自然に売れるようにする
こと、とあります。

つまり、
順序立てると

①顧客の立場になってその価値観や考え方、
ライフスタイルなどを充分に理解する

②その顧客の問題解決や、理想の未来の
実現のためにピッタリとあった商品や
サービスを用意する

③顧客がその商品やサービスを手に入れるまでの
出来る限り自然でスムーズな流れや、システム
をつくる

このように解釈するとわかりやすいと思います。

ダイレクトレスポンスマーケティングとインターネット

マーケテイングの中には、いくつかの種類が
ありまが、ここでは、インターネットという
媒体と大変相性が良い、ダイレクトレスポンス
マーケティングについて少しお話します。

ダイレクトレスポンレスポンスマーケティング
(DRM)

ダイレクトレスポンレスポンスマーケティング
(DRM)とは、

ダイレクト(直接) レスポンス(反応)
という名前のとおり、商品を販売したいターゲット
の消費者に対し、広告宣伝やチラシなどで情報発信
を行い、直接申込みや発注を受ける仕組みです。

例えば、テレビの通販番組で、商品を紹介して
今すぐお電話で注文を!
と行動を促して注文を受けますよね。

商品やサービスの情報を発信して、行動喚起を促し
直接、消費者から発注を受けるのが最大の特徴です。

ではなぜ、DRMがインターネットと相性が良いのか?

ポイントは3つあります。

①チラシや広告に比べ費用が安く済む

②ネット上で成約までの完結が可能で
システム化により人手をかけずに済む

③細かなデータ収集が可能で、効率的な
管理、改善が出来る。

つまり、インターネットを活用したDRM
のメリットは、

他の情報発信媒体に比べて費用が安く、
システムを構築することにより、成約まで
自動化出来て、問題点や課題の絞り込み、
解決がしやすい

ということです。

 

関連
簡単にわかる、ネットマーケティングの
基本的な流れ

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉雅人

渡邉 雅人 小規模でも勝てるマーケティングノウハウで、理想の売り上げ実現の お手伝いを致します。 鋼材素材販売のセールスマンとして、対面営業に20年間従事。 1000件以上の新規懸案を受注。 その後、ダイレクトマーティングを取り入れた販売手法で、お客さんの 売上に関わるお悩みを、ネットマーケティングプロセス、販売ツールの 作成、ポジショニング戦術により解決してきました。 詳しくはこちら