今すぐ出来る!理想をつかむ、弱い自分に勝つ方法とは?

新聞記者のからのインタビュー

今後の目標と戦略はどのように考えて
いらっしゃいますか?

規模は小さいながら、専門雑誌に掲載され、
googleの上位に検索結果が載るとある会社の若社長。

彼は、いつも背伸びした目標を
業界新聞の記者に話すそうです。

公然と宣言する効果

『自分は怠け者。。楽な方がいいとついつい
考えてしまう。
だから、記者には高い目標を宣言するんだ』
と仲間内に話す彼は、会社を引き継いで
3年目。

小さな会社だからこそ、現状に満足したら
将来がないと感じ、怠け者の自分を無理やりにでも
行動させる事を習慣づけてきたそうです。

例えば、禁煙するぞ!

と誰にも告げずに、禁煙をスタートさせる。
途中、誘惑に負けて挫折しても本人以外
には影響はないですよね。
何故なら、周りは禁煙してる事を知らないから。

ところが

朝の全国ネットニュースのインタビューで、
今日から禁煙します!!

なんて宣言したなら、万が一挫折したら
どうなるだろうかと、色々なことを
考えてしまいませんか?

そのインタビューを観た周りの人から、
意思が弱い人、とか口だけの人、
なんて思われたくない!

そんな気持ちから、なんとかして禁煙
を貫こうとするのではないでしょうか。

人は、自分の意思で、自分の方向性を、
公言すると極力それを貫こうとする力が
働くと言われています。

その理由は色々ありますが大きな一つは、
宣言して、もしそうしなかった時の
社会的信用の低下を心配するからです。

冒頭話をしました若社長も、業界新聞の記者に
公的に宣言する事で、行動せざるおえないように
自身を仕向けてるのだと思います。

ちなみに、宣言する範囲は全国ネット
ではなくても、自分の身の回りの人に宣言する
だけでも充分影響力はあります。

一度是非お試しください。

ただ、周りからどう思われてもいいと
考える人には効果は薄いかもしれませんが。。

『会社が生き残るために、引き続き今以上に
努力して欲しい、俺は君たち以上に努力する
ことを約束するから』

月に一度の朝会でも、社員のまえで
宣言します。

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉雅人

渡邉 雅人 小規模でも勝てるマーケティングノウハウで、理想の売り上げ実現の お手伝いを致します。 鋼材素材販売のセールスマンとして、対面営業に20年間従事。 1000件以上の新規懸案を受注。 その後、ダイレクトマーティングを取り入れた販売手法で、お客さんの 売上に関わるお悩みを、ネットマーケティングプロセス、販売ツールの 作成、ポジショニング戦術により解決してきました。 詳しくはこちら